長崎国際大学 社会福祉学科

スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    第27回 社会福祉士 国家試験 どこよりも速い解答速報(社会理論と社会システム、社会調査の基礎)
    0
      4年生の皆さん、試験お疲れ様でした。本試はいかがだったでしょうか。
      全般的に基礎的な問題が多く出題されたようですね。社会学と社会調査も一部の問題を除き、ほぼ同様の傾向でした。
      疲れがたまっていることと思いますので、まずはゆっくりと休んでくださいね。
      さて、益田担当の「社会理論と社会システム」と「社会調査の基礎」の解答を取り急ぎ掲示しておきます(ざっとしか問題を読んでいませんので、業者の解答速報と付きあわせてご確認ください)。

      社会理論と社会システム
      問題15 3
      問題16 2
      問題17 2
      問題18 1
      問題19 4
      問題20 4
      問題21 5

      社会調査の基礎
      問題84 4
      問題85 5
      問題86 2
      問題87 1
      問題88 1、4
      問題89 2、5
      問題90 1

      この二科目については、聞きなれない概念・用語が一部あったかもしれませんが、それらに惑わされることなく、基礎的部分でしっかりと得点できたかどうかが重要となります。基礎を「理解」(暗記ではない)して、それをもとに応用的に考える(推論する)力が試されています。
      出題の細かな方針が変わった印象を受けますが、いずれにしろ、次年度受験する3年生は、基礎固め(理解)を徹底してください。
       
      | 長崎国際大学 社会福祉学科 | - | 16:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      第26回社会福祉士国家試験 解答速報【社会調査の基礎】(検:解説、講評)
      0
        おはようございます、益田です。試験の疲れはとれましたか?
        さて、午後問題を確認しましたので、社会調査の基礎の解答を取り急ぎ掲載しておきます(個々の問題の解説は近日中にアップします)。

         問題84 2、4
         問題85 5 
         問題86 1
         問題87 4
         問題88 3
         問題89 4
         問題90 3

         (目標得点:5点)

        全般的には、昨年のような奇問もみられず、極めて基礎的な用語の理解が問われており、難易度もそこまで高いものではありませんでした。
        変り種としては、問題88の事例問題で、数的処理の基礎のようなものが問われていました。「社会調査の基礎」として数的処理能力を求める方針は分からなくもないのですが、設問がいささか頓珍漢で、何を問いたいのかよく分からなかったのは、私だけではないはず!
        | 長崎国際大学 社会福祉学科 | 国家試験プチ情報 | 05:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        第26回社会福祉士国家試験 解答速報【社会理論と社会システム】(検:解説、講評)
        0
           益田です。試験お疲れさまでした!本番の試験、いかがだったでしょうか?今日はゆっくと休んでください(^^)¥
           社会理論と社会システム(社会学)の問題を先ほど確認しましたので、取り急ぎ正答を掲載します(ざっとしか見しか見ていないので、間違いがあるかもしれません!解説は後日掲載します)。

           問題15 1
           問題16 5
           問題17 3
           問題18 3
           問題19 5
           問題20 2
           問題21 1、4

           (目標得点:4点)

           社会学に限って言えば、全体的には良問だったと思います。奇をてらった問題等は少なく、社会福祉士にとって必要とされる知識や概念、理論を問う作問姿勢を感じました。正解を導くには、それらの概念や理論を理解しておくことが必要だったと思います(逆から言えば、人名+キーワード、だけの暗記では対応できない問題です)。
           調査論は午後の試験問題を入手次第アップします。
           それでは、また大学でお会いしましょう!
          | 長崎国際大学 社会福祉学科 | 国家試験プチ情報 | 17:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          オープンキャンパス情報
          0
             
            | 長崎国際大学 社会福祉学科 | 行事 | 14:00 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
            益田ゼミ合同誕生日会♪
            0
                6月4日5限終了後、益田1・3・4年ゼミ合同で誕生日会を行いました。
               天気や時間の都合から、今年は初の屋内開催。
               会の次第を書くコンパ係の常盤さん。司会役でした!



              買い出しの間、レクリエーションの内容を考える1年生の谷川さんと林さん。が、結局考えてくれたレクはせず、別のゲームが盛り上がり終わってしまいました・・・



              プログラム決定!



              乾杯(1年生はジュース)してからの



              不思議でステキな行事、いただきます!



              自己紹介をする3年生の河上さん



              都合がつかず欠席した3年ゼミ長の辻丸さんに代わり、ゼミで学んでいる内容を説明する常盤さん



              今回は4月〜6月生まれの人の誕生日を祝いました!藤竹さん、谷川さん、石井くん、おめでとう!
              4月から一人暮らしをはじめた谷川さんと藤竹さんにはバスセットを、4年生で卒論と国試に加え実習まである石井くんにはオロナミンCのプレゼントでした。プレゼントを選んでくれたコンパ係の人、ありがとうございました!




              感謝の言葉を述べる石井くん。



              遅れて突然参加の松下くん(山崎ゼミ)!なぜかこの画像だけ回転できず、、、横向きでごめんなさい・・・



              みんなで一枚!次回は6〜8月生まれの誕生日会を夏休みに行います!今回は都合から出席できなかった人も次回はぜひご参加ください☆


              | 長崎国際大学 社会福祉学科 | ゼミ紹介 | 16:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              みんな!本当に感謝のバーベQ会でした。
              0

                 今回の新入生歓迎バーベキュー会は、準備の過程が連休をはさむ日程となり、話し合いを行いましたが、確認が不十分のまま当日をむかえてしまいました。そのため、当日の実行委員はお昼ご飯を全く食べる事ができずに、バタバタと動き回る事態になってしまいました。
                お昼すぎから慌ただしく動いていると、実行委員会以外の人たちが見かねて集まりはじめ、会場設営や火起こしなど、手伝ってくれました。社会福祉学科の学生だけでなく、国際観光学科の知人までも、ボランティアで手伝ってくれました。
                 全体を取り仕切りながら司会進行をしました。出席された方々から挨拶を頂きいざ歓迎会が始まってみると、テーブルには割り箸やお皿などがまわっていないといった、細かい点の準備不足が露呈しました。しかし、先生方や実行委員にすばやく動いて頂きカバーができました。
                 食事を進めながら、レクリエーションを行うなどの流れを見ながら状況を判断し指示を出しての司会を行う事はとても大変でした。この新歓の実行委員長を通して、自分のちから不足を感じました。140名の集団を動かす難しさを学ぶ事が出来ました。
                不安の中でスタートしたこの歓迎会でありましたが、終了後に、「楽しかった」「良かったよ」「面白かったよ」等声を掛けてくださる先生や学生がいて、とても嬉しかったです。
                今年は目玉企画で「豊島先生賞・山本先生賞・脇野先生賞・実行委委員会賞」と四賞も景品が出すことができました。豊島先生・山本先生・脇野先生方、景品のご提供ありがとうございました。
                 ドクターテツこと柴田先生にはマジックをご披露頂きとても盛り上がりました。その他、安部理事長・学長、木村副学長・学部長、本岡法人本部長、鶴崎事務局長、山口理事、田渕国際観光学科長をはじめ、たくさんの来賓の方々や社会福祉学科の先生方にご参加頂きました。ありがとうございました。
                 会議も沢山重ね、準備も確認し時間を見ながら指示を出し、出来る範囲で動き回っていたのですが、私たち実行委員だけで準備はとても間に合っていなかったこと思います。当日何も言わずに状況を察して、手伝ってくださった皆さん、本当にありがとうございました。「さすが社会福祉学科の学生」と感動いたしました。(^O^)/
                 また、通りすがりの国際観光学科の皆さんも本当にありがとうございました(少しですけれど、一緒に食すことができて嬉しかったです)。
                 その他にも、健康栄養学科の小田先生、おにぎりを注文したらハート型の卵焼きを添えて頂いた庄屋フードの皆さん、沢山の人たちのご協力のおかげで無事に終わることもできました。

                 最後に、事前準備・当日の運営・その後2日間の片付けなどにかかわってくれた柳詰先生をはじめ実行委員のみなさんに感謝です。

                 今回のバーベキューはランダムに班を編成し、レクリエーションなどを実施しながら、幅広くコミュニケーションが出来る様に運営をしました。学年の垣根を越えて、社会福祉学科、国際大学の学生として交流が深まったとすれば嬉しいなぁと思います。
                 来年度の実行委員長候補の陣野さん頑張って下さいね。
                 今年の失敗を糧にして頂き、来年は今年以上の会になることを切に願います。今年を超えるのは、難しいかもしれませんが・・(^O^)
                                  2013(平成25)年度新入生歓迎会実行委員会
                                  実行委員長 松下 将大

                 

                2013(平成25)年度新入生歓迎会実行委員会

                4年生 石井・松下・永友・濱田・東
                3年生 陣野・桑原・森田・松本・大淵・橋川・杉本・長尾
                2年生 越智・藤瀬・米田・田中・馬場・久保
                ボランティア
                焼きそば担当…末永・山口・豊嶋・畝本
                会場設営担当…金城・久場・武田・濱・松永・横田・高峰・福元・嘉村・小川・山口

                安部学長、社会福祉学科教員、新一年生、Dr.テツと記念撮影!!

                Drテツ。プロ級の腕前に・内容に感動!
                ドクターテツのファンは多い。
                この回を見落とした人は学園祭まで待って下さいね。

                お忙しい中、木村副学長・学部長が参加してくださいました。ありがとうございました。
                「みなさん大いに楽しみましょう」と木村先生。
                先生方も楽しんでいただけたでしょうか?

                脇野先生賞・・・中身は一体!?
                買いに行かれる直前まで先生は悩んでいらっしゃいました。
                買ってきたものは・・・さすが、考えだされたユニークな物でした。

                山本先生賞お孫さんに自転車を買ってあげて思いついた!!賞でした。もらった人はうらやましい。


                実行委員長の掛け声で実施されたレクリエーション。
                豊島先生賞の授与にて豊島先生の素敵な笑顔。O(^▽^)o
                2段重ねの景品とは・・一体なんでしょうか?
                おめでとう!!

                韓先生と美味しそうに焼きそばをすすり込む益田先生!!
                「ワイルドだろ〜」

                実行委員の人たち
                準備で大忙し。

                松下実行委員長の先輩から仕入れる。すごいぜ!!
                遠くから取り寄せを致しました。

                肉を見て「食べたぁーい!!!」と、実行委員。ものすごく我慢しました。
                味はすごーく 美味しかったです。

                もうすぐはじまる
                少々緊張感が伝わる会場!
                実行員はバタバタと走りまわっていました。

                四賞掛けてレクリエーション
                ジャンケン列車。
                挨拶のあとは、真剣でした。


                後ろで、古賀先生が
                「ジャーンケーン」と
                大声をだされていました。
                勝敗はいかに!?



                ベストショット。
                若い学生達は画になりますなぁ
                これからも仲良くやってくださいね。

                庄屋さんにおにぎりを注文したら、ハート型の玉子焼きと唐揚げを頂きました。
                ありがとうございます。

                焼肉焼いても髪やくな!
                バーベキューが似合う男達。

                焼きそば調理部隊
                気合が入っています。
                とっても美味しかったです。
                「おーい、塩コショウ買ってこい」
                途中買い出しに行ってもらいました。

                「バーベキューには団扇が必要だよ」一昨年、火起こしをして頂いた笑顔が素敵な事務局長。
                今年は、準備できていませんでした。(>_<)



                事務局の方も来てくださいました。
                お忙しい中、本当にありがとうございます。

                罰ゲーム作成中!!
                何人の方が犠牲になったやら・・・
                先生方ももれなく・・
                (T ^ T)


                ジャンケンで勝って、
                罰ゲーム!?
                意味がわからない・・
                ひどい実行員ですね。
                ごめんなさい。


                今年は天気にも恵まれて、素敵なロケーションでした。日頃のおこないかな・・(^O^)

                こらこら ヽ(;▽;)ノ
                山崎先生に・・・
                でも、いいショット。




                | 長崎国際大学 社会福祉学科 | 行事 | 14:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                Welcome back 卒業生!宮内足知雄さん
                0

                   一昨年度社会福祉学科を卒業した宮内足知雄さんが5月に来学しました。
                   現在は児童養護施設・天心寮で児童指導員としてお勤めです。そして、、、手には社会福祉士の合格書と登録証が
                   現役では不合格でしたが、その後1年間勉強を続け、見事合格!仕事との両立は大変だったことと思います。
                   おめでとうございます


                   後日、実習指導兇琉豐弔箸靴董∋童養護施設で実習をする予定の3年生に実習についてお話いただきました。


                   社会福祉士の勉強を一人で続けるのはなかなか大変だと思います。総合演習の開講や模試の案内・実施、国試対策ソフト等、社会福祉学科では卒業生にむけた合格支援を行っておりますので、興味のあるかたは遠慮なくお尋ねください。

                  | 長崎国際大学 社会福祉学科 | その他 | 12:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  社会福祉士・第25回国家試験 社会調査の基礎 解説
                  0
                      卒業生の皆さん、お元気ですが。社会福祉士の国家試験が終わりはや4ヶ月がたちました。試験センターによる正答も公表され、合否も手元に届いたことと思います。合格・不合格、悲喜こもごもだと思います。いずれにしても試験は振り返りこそが大切ですので、前の記事(国家試験の全体的な講評と正答予想)に続き、以下、各設問の解説を行いたいと思います(なお、長崎国際大学の今年の試験結果はこちらを参照)。
                     まずは「社会調査の基礎」の解説から始めたいと思います。

                    問題84 初っ端からの事例問題。調査の企画・設計の適切性について問われています。

                    1.記名式のアンケートでは、正確な評価が得られない(たとえば管理運営に関して否定的な回答をすると本人に不利益がおよぶ可能性がある)ため「誤り」。

                    2.住民基本台帳には当該市町村の住民すべてが(世帯単位で)掲載されている。その台帳から無作為にサンプリングをしたとしても、事例の居宅サービス事業を利用している人にアンケートが配布される可能性は低いし。サービス内容の評価を測定する方法としては適切ではないため「誤り」。

                    3.利用者の自宅に突然業者の調査員が訪ねてきても本音は引き出せない、あるいは、30万円の調査費では訪問面接調査を業者に委託して行うことは不可能(という問題でしょうか)であるため「誤り」(?)。厳密にはケースバイケースだとは思いますが…

                    4.この事例の場合、無記名式の郵送調査が正確な結果を得るための「正しい」方法である。

                    5.担当している職員が面接で聞き取りを行った場合、職員への遠慮から利用者の本音がでてこない可能性があるため「誤り」。

                     

                    問題85 標本調査の基礎的理解を問う問題。多くの業者の解答速報では「1,2」となっていましたが、結果は「1,5」。「正しいもの」が二つある、五肢択二問題でした。なおこの問題、センターは「正しいもの」が二つとしていますが、益田は不適切問題(解が3つある)と考えています。

                    1.正確な結果が得られる全数調査をせず、一部のサンプルのみを調べる標本調査をする場合、標本誤差の可能性は排除できないので「正しい」。

                    2.この問題、どこが誤りなのか分かりません。全数調査で訪問面接調査をおこなうのは、実際的にはあまりないかもしれませんが、母集団のサイズと調査設計によっては十分ありうる調査法だと思います。その際、標本調査より全数調査のほうが望ましいのは当然だと思います。

                    3.非確率抽出法(たとえば知り合いのつてをたどる機縁法など)は偶然に左右されるため「誤り」。

                    4.一般に無作為抽出法(ランダムサンプリング)において、標本数が少ないと代表性は下がり、標本誤差が大きくなる(たとえば完全無作為に1名を抽出した場合を考えてみよう)。したがって「誤り」。

                    5.「母集団に含まれる…」はランダムサンプリングの説明であり、その場合は母集団の性質について統計的な推測(いわゆる推測統計)が可能であるため「正しい」。ただし、例えば層化多段抽出法のように(あるいは他の確率抽出法のように)、母集団の構成員すべてが同じ確率で標本とならない抽出法でも、推測統計を用いることはある。確かにランダムサンプリングが最も望ましいが・・・これは良問とは言い難い。

                     蛇足ながら、この五肢二択については「社会福祉士及び介護福祉士国家試験の今後の在り方について」にしっかりと記載されていました。それからすると、次回以降は四肢択一もありうると考えられます。

                     

                    問題86 尺度と代表値(平均値・中央値など)の関連に関する問題。尺度は大きく分けて4つに分かれるので、比較的出題しやすい。社会福祉調査論で学んだところです。

                    1.名義尺度(対象の区分)では例えば平均値・中央値は求める意味がないが、最頻値は求められるので「誤り」。

                    2.順序尺度(対象の区分+順序)には差の大きさは含まれず、単に順番が示されるだけである。したがって平均値を求めることに意味はないため「誤り」。

                    3.間隔尺度(対象の区分+順序+差の大きさ)では差の大きさもわかるので、「3と1の差」は「2と1の差」の2倍である、と言えるため「誤り」。

                    4.比例尺度(身長、体重、年収などデータ)は絶対原点(ゼロ)をもつが、間隔尺度(たとえば知能指数や気温)は絶対的な原点をもたず、恣意的にゼロを決めているだけである。したがって「正しい」。

                    5.比例尺度だけでなく、間隔尺度も中央値・平均値・標準偏差を求めることができるので「誤り」。

                     

                    問題87.データの収集法についての基礎的な理解を問う問題。

                    1.返送がない場合、督促状を送り返送を促すことがあるので「正しい」。

                    2.自計式とは、調査対象者が自分自身でアンケート調査票などに記入する方式のことであり、個別面接調査法は他計式であるので「誤り」。

                    3.RDD法では電話帳を用いず、機械が無作為に発生させた番号に電話をして電話口で調査を行う。したがって「誤り」。

                    4.対象者を一か所に集めて行う調査では、集団効果が生じる可能性があるため「正しい」。

                    5.留め置き調査法は、対象者の自宅に調査票を預け、後日回収に回る方法であることから、本人が回答したという保証がない。したがって「誤り」。

                     

                    問題88.データのばらつきに関して問う問題。益田は「後回しでよい」と言ったので、苦戦した人もいたかと思います。

                    1.偏差とは平均値とそれぞれのデータの差であるため「誤り」。(たとえば国家試験の平均点が65点、Aくんの点が68点だった場合、Aくんの偏差は3となる。人数分の偏差をそれぞれ二乗して平均をもとめ、それの平方根を求めたものが標準偏差)

                    2.散布度(標準偏差・分散)はデータの散らばり具合を示すものであり、最大値はその指標ではないので「誤り」。

                    3.「正しい」。言葉で説明するとややこしいので図を見るのが一番だと思います(こちらのページを参照)。データの散らばりを示す際に用います。

                    4.決まった関係がある、というより、標準偏差の2乗が分散であるため「誤り」。

                    5.分散とは、個々の測定値と平均値の差の絶対値をすべて足し、n(人数)で割った数であるあるため「誤り」。

                     

                    問題89.グラフのそれぞれの特徴を問う問題。エクセルでグラフを作成したことがある人は、粘り強く考えれば正答が導けたかと思います。

                    1.ヒストグラムとは基本的にそれぞれに独立した要素の蓄積を直立に図示したものであるため「誤り」。

                    2.レーダーチャートが分かりやすい。「正しい」。

                    3.複数回答だった場合、円グラフでは図示しにくい。「誤り」。

                    4.縦軸と横軸が逆の方が見やすい。「誤り」。

                    5.折れ線グラフではなく、棒グラフがよい。「誤り」。

                     

                    問題90.質的調査について主に問うた問題。1と5とで迷った人も多いはず。

                    1.観察法で量的データを収集すること(たとえばある社会集団の女性の数を数える等)もあるため「誤り」。これについてはこちらのトラックバックも参照。

                    2.統制的観察と非統制的観察の違いは、調べようとすると行為や場面をあらかじめ研究者が定めているか否かであるため「誤り」。

                    3.「完全な観察者」がもっとも良いデータが収集できるとは限らないので「誤り」。

                    4.メモを取るのは望ましいが、メモをとってよい状況かどうかを見定める必要があるため「誤り」。目の前でメモを取られることに抵抗感を覚える人もいる。

                    5.調査対象に同一化しすぎることは、一般に望ましくないとされているため「正しい」。


                     解説は以上です。社会調査の基礎については、出題される範囲がかなり限定されていることもあり、勉強が点数に直結しやすい科目です。夏休みに特別対策講座を開講しますので(詳細は決まり次第このページで告知します)、4年生の皆さんは必ず受講するようにしてください。卒業生の参加も歓迎します!

                    | 長崎国際大学 社会福祉学科 | 国家試験プチ情報 | 12:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    地域福祉講演会
                    0
                        来る3月19日(火)、佐世保市社会福祉協議会主催の講演会が開催されます(詳細はポスターをご覧ください)。講師の松坂先生は、山本主税先生と古くからのお知り合いとのことです。お医者さんが語る地域福祉、ということですので、興味のある方は是非ご参加ください
                      | 長崎国際大学 社会福祉学科 | その他 | 10:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      ボランティア募集
                      0
                         波佐見町で開催される桜陶祭という春の恒例行事のお手伝いボランティアさんを募集しています。開催日は4月6日、7日で、波佐見町の中尾山交流館という観光地でお茶の接待や来場者とのちょっとしたおしゃべりをするという内容で、たくさんの人と交流ができます。

                        締め切りが2月28日までと急ですが、興味がある方や参加したいという方は、社会福祉学科の益田先生などに連絡して頂けると助かります。
                        | 長崎国際大学 社会福祉学科 | - | 08:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        3031     
                        << October 2016 >>
                        + PR
                        + RECOMMEND
                        トピック社会保障法 第5版
                        トピック社会保障法 第5版 (JUGEMレビュー »)

                        脇野先生の近著です(共著)。「学生・初心者向けの社会保障のテキストです」とのこと。近々図書館に入るそうなので、興味のある方はぜひ!
                        + RECOMMEND
                        図説 これからはじめる社会保障
                        図説 これからはじめる社会保障 (JUGEMレビュー »)
                        植村 尚史
                        脇野先生の近著です(共著)。「学生・初心者向けの社会保障のテキストです」とのこと。近々図書館に入るそうなので、興味のある方はぜひ!
                        + SELECTED ENTRIES
                        + RECENT COMMENTS
                        + CATEGORIES
                        + ARCHIVES
                        + MOBILE
                        qrcode
                        + LINKS
                        + PROFILE